【予算2万円】おすすめ鯛ラバリール選び!この記事ですべて解決。




予算2万円で鯛ラバリールの購入を考えている。
だけどいまいち選び方が分からない。

そんなあなたが、「買って良かった」と思えるように、私と一緒にタイラバリールの選び方について、考えてみましょう。

簡単にまとめました。1262文字です。

この手順で選べば間違いなし|予算内で自分に合ったリールを探す

1.予算内で人気の機種を押さえる。

2.リール選びに関する知識を付ける。

3.2の知識を活かし、機種を一つに絞る。(自分に合うかどうか)

4.同じ機種でも何種類かあるので、2の知識を活かして最後の一つになるまで絞る。

5.購入。

鯛ラバリールで人気のメーカー|~2万円でおすすめの機種

  • (メーカー)ダイワ:(機種)紅牙
  • (メーカー)シマノ:(機種)炎月

予算2万円で選ぶなら候補はこの二つになります。

この要素を満たす鯛ラバリールを選ぼう|3つの簡単ポイント

  • サイズは100番を選択。
  • ベイトリールを選択。
  • 「右巻き左巻き」タイプを選択。

【なぜ?|理由や根拠を知りたい方へ】

Q:なぜ100番?
A:100番が超メジャー。それに、炎月も紅牙も100番のベイトリールしか揃えてないため。

Q:なぜベイトリール?
A:ベイトリールの方がパワーがある。常にラインにテンションが掛かっているのでアタリを逃さない。楽。

Q:「右巻き左巻き」について、なにか問題なの?
A:なんとベイトリールはスピニングリールのようにハンドルの付け替えができないんです。なので購入は慎重に。

機種を一つに絞る(紅牙or炎月)|特徴

初めに:すでにロッドを決めているのなら、それにリールの機種を合わせてもおk。また、機種は別々でも可。しかし、リールにロッドを合わせるのは、おすすめしません。ロッドはしっかり選びましょう。ちなみに、ロッドはダイワの紅牙が人気です。理由は炎月に比べて安いため。性能は誤差です。

 

  • 紅牙は安い機種でも2万円近くする。
  • 炎月は1万円少しから買える。

性能は誤差なので、コスパが良いのは炎月。

また、

  • 炎月はローギア、ハイギアを選べる。
  • 紅牙はローギアしか選べない。

なのでローギアを選択するなら決め手は、

「コスパで選ぶ」
「デザインで選ぶ」(デザインが気になる方は、1スクロール下へ)
「ロッドに機種を合わせる」

のどれかになります。

ちなみに、ギア比はローギアが人気です。なので迷ったらローギアを選べばおk。(商品名の横にPG:ローギア、HG:ハイギア)

紅牙、炎月の種類

炎月ベイトリールの種類:炎月BB<炎月CT<炎月

デザインは3種。それぞれ「右巻きか左巻き」、「ローギアかハイギア」を選択できるだけです。

一つ選ぶならコレ!コスパ最高→≪シマノ≫ リール 16 炎月BB 【100PG 右】

紅牙ベイトリールの種類:紅牙ICS<紅牙<紅牙TW

TWは3万円以上するので画像は割愛。

それぞれ「右巻きか左巻き」かを選択できるだけです。

≪ダイワ(Daiwa)≫ タイラバ ベイトリール カウンター付き 紅牙 ICS 【103】

≪ダイワ(Daiwa)≫ タイラバ ベイトリール 14 紅牙 【100】