シンキングペンシルの特徴とアクション・使い方について解説。




  •  「シンキングペンシルの特徴って?」
  • 「シンキングペンシルの使い方が分からない」
  • 「シンキングペンシルを買ってみたけど、思った動きと違った」

 

この記事ではシンキングペンシルの特徴、アクション等について解説します。

シンキングペンシルの特徴

  • フローティングペンシルと違って「沈む」。
  • あらゆるレンジを探ることができる。
  • 動きが不規則になりがち。

シンキングペンシルは「沈む」

シンキングペンシルは、フローティングペンシルと違って沈みます」。

沈まないのは「フローティングペンシル」の方です。勘違いしている方も多いので注意しましょう。

それでも、沈降速度はとても遅いので、ちょっと早く巻いたらフローティングペンシルみたいな動きになります。

あらゆるレンジを狙って探ることができる

沈降が遅い分、あらゆるレンジを狙って攻めることが可能です。

「バレやすい」というデメリットは、もちろんあります。

動きが不規則になりがち

シンキングペンシルの形状はミノーとほぼ同じですが、「リップ」が付いていません。そのため、水を受け流すことができず、動きが不規則になります

しかし、不規則な動きこそシンペンの狙い。

アクションは加えず、波の流れに乗せて動きに変化を出すことで、魚のスイッチを入れます。

あえてアクションを付けることで、バランスを崩すのも有効です。これでミノーやバイブより釣れたりするので、シンキングペンシルのポテンシャルは計り知れません…!

なので必ず一つはルアーケースに入れて起きたいルアーです。

おすすめのシンキングペンシル

シンキングペンシルの使い方・アクション

  1. ただ巻き
  2. トゥイッチ・ジャーク

トゥイッチ・ジャークとは穂先をブルブルさせて、シンペン等の沈みにくいルアーを弱ったイワシに見立てる釣法です。

シンペンはアクションをさせるには不向きなのでこれくらいしか誘い方がありません。ですが、ミノーやバイブレーションにはない動きを可能としているため、そこはシンペンの強みと言っていいでしょう。

シンキングペンシルはどういう時に使えばいいの?

一番は、イワシが群れている場所です。バッコバコ食ってきます。

また、「ミノーを使ったら引っ掛かりそうだけど、シンペンなら引っかからずに巻いて来れるかな?」ってレベルで潮が引いてるエリアは、特に最高です。

その他、温排水辺りも抜群に良いです。晩秋にはイナッコが温排水に溜まっているのでシンペンでちょんちょんとしたらシーバスなんかがバコンと乗ってきます。

シンキングペンシルを買ってみたけど、思った動きと違った

「思った動きと違った」

ミノーやバイブレーションの動きに慣れていると不満は多いでしょう。実際、こんな動きで釣れるの…?って思いますよね。

それもそのはず、シンペンは静かな海で使うと異常なまでに「こんな動きで釣れる訳ないだろ…!」って思えるルアーなんです。

ほんとシーバスの気配のない海では釣れそうにないです。

しかし、シーバスの気配がある&活性の高い日であればシンキングペンシルに対する見る目も変わるでしょう。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です