ハゼのいる河口はヒラメの穴場。

投げ釣りしてもハゼしか食ってこないような河口近隣に住んでる方へ、そこは「ヒラメの穴場」だと知っていましたか?

「ここは魚影の薄い水域だ」と認識して可能性を見出せず、チャンスをみすみすドブに捨てていませんか?

だとしたらとても勿体ないです。内海でヒラメ釣り上げることは都市伝説なんかじゃありませんからね。

ハゼのいる河口はヒラメの穴場。

ハゼしか居ないと思えるような河口、そこはヒラメの穴場です。

海でもいいですが、河口の方がハゼは多いです。

誰からも悟られることなく、穏やかにハゼ荒食い生活をヒラメは営んでいます。

まさかハゼを食ってるなんて想像しないでしょう。

しかし、実際に餌食にされてるのはハゼ。

なので近くにハゼが釣れる河口がある方はヒラメを狙ってみるのはいかがでしょうか。

 

釣り方

ではそんなヒラメの釣り方についてですが…餌食となるベイトやそのサイズなど、もう思考するまでもありませんよね。狙い撃ちましょう。

ハゼを釣って泳がせ

ちょい投げでもいいですが、河口だとパワーイソメでも食ってくるのでそちらがオススメです。海では微塵も反応してくれないパワーイソメなんですが河口だとなんか異常に効果あるんですよね。

釣り経験のない友人複数人連れて河口に出向いたことがあるのですが、皆最低一尾は上げてましたね。一人だけ釣れなかったらどうしようなんて不安も払拭させてくれる程でした。そして、なによりホッしていたのを今でも覚えています。

ブラクリにパワーイソメの組み合わせが汎用性高くて、どのフィールドでもとっても心強い味方となってくれます。

ハゼ色のワームで狙う

なんかバス系統でよく使われそうなワームですが、ハゼに寄せて狙うならこのワーム一択。もしかしたらマゴチも釣れるかも。

誘い方は底をズル引きでおkですが、ちょいちょい跳ねさせてないと気づかないかもしれません。リールを巻く速度はワームが浮くか浮かない程度に。

ハゼ色のルアーで狙う

基本はハゼカラーを使用して、干潮時、浅瀬ではペンシルやミノー満潮時などはバイブレーションで攻めます。

他、ホワイトからーもコノシロ、キス、ボラなどに見立てることができるので非常に強力。

時期

時期はいつでもおkです。ハゼはいつでも釣れます。冬でもいいです。ヒラメも通年狙える魚ですし気が向いたときにでも。

最後に

正直、船釣り並に狙い撃てる釣りですし、ベイトが定まってるって実は大きな長所だったんです。

まずは、ハゼがその海域のベイトとなっている事に気付くこと。これだけでほとんど完結した様なものですが。

釣れないと思われがちな海で人知れずヒラメを爆釣させる、そんなダークホースになってみませんか。めちゃくちゃかっこいいです。

魚影の薄い河口は可能性に溢れている。