【2018年版】予算1万円で満足できる初心者向けのタイラバロッド




アイキャッチ画像出典:Instagram/tsune.kido

「タイラバ初心者です。1万円以下で満足できる初心者向けのタイラバロッドを教えてください。」という方へ向けた記事です。

これからタイラバ釣りを始める初心者の方に向けて、比較的安めで性能も十分な鯛ラバロッドを厳選しました。

予算1万円で満足できる初心者向けのおすすめタイラバロッド

値段:10,584円(2018/08/24)

ダイワの紅牙Xというタイラバロッドが1万円以下で初心者が満足できるロッドだと思います。

参考画像(クリック)

おすすめ理由
A「タイラバ専用に作られたロッドの中で一番安い」「最も人気がある」「不満をあまり聞かない」「Amazonベストセラー」
Q「紅牙X…安いのは嬉しいが、肝心の性能はどうなんですか?」
A「使っている方は満足しているようなので大丈夫かと。」

紅牙Xの他に予算1万円で手に入るタイラバロッドはありませんか?
シマノとアブガルシアのタイラバロッドがおすすめです。

Q 紅牙Xと何が違うの?
A「シマノは値段が違います。2000円ほど高いです。アブガルシアは値段も性能もそんなに変わらないです。」
Q「じゃあ、シマノは値段が違うだけで性能は誤差、ダイワの方が安いから紅牙Xに人気が集中している。アブガルシアはネームバリューで負けている。という認識でいいかな?」
A「はい。」
Q「じゃあダイワの紅牙Xの方がお得か。」
A「はい。」
Q「シマノやアブガルシアのロッドを選ぶ人は単純に見た目かな?」
A「はい。」

ロッドは決めました。でも、硬さや長さ違いのロッドが複数種類あってよくわかりません。
「長さ ⇒ 6.9フィート = 2.06m(6.9fが標準的な長さだと公式で言っているので初心者は素直に6.9fを選択するのがいいかと。)」「硬さ ⇒ 40~100g(硬さについても公式公認です。)」

上記条件を満たしたロッド
紅牙X 69HB炎月BB B69ML-STaiRubber OFTS-66LT-60」アブガルシアのタイラバロッドは20~80gの1種類しか選べませんでした。

注意点
沖は陸とは違い汎用性の高いタックルは意味をなさないので、乗る船の海域に合わせたロッドを選びましょう。

タイラバロッドは「ベイト」と「スピニング」どっちがいいんですか?

ベイトロッドです。

Q ベイトロッドがいい理由は?

A「仕掛けを落としている際のアタリもタイラバ釣りでは大事 ⇒ 落とし込み時も、常時ラインにテンションを加えることができるベイトリールが理想。」

Q「あ、イメージできました。なるほどね!スピニングだと落とし込み時は期待できないよね。」

Q スピニングロッドじゃダメですか?

A「釣果はほぼ確実に落ちますが、それだけです。好きな形で楽しむのがいいのではないでしょうか。」

Q ベイトリールを使ったことがないのでライントラブルが怖いです。

A「投げるわけではないのでそんなに心配しなくていいと思います。スピニングタイプのタイラバロッドも持っていくという手も一応ありますが、やっぱり船は竿一本が手軽…なので練習あるのみ!」

Q 予算1万円で満足できるタイラバロッド(スピニング)を教えてください。

A「ダイワは予算1万円ではスピニングタイプのタイラバロッドは出しいませんが、シマノとアブガルシアは出しています。」

その他Q&A

Q.タイラバで持っているロッドの代用はダメ?

A.タイラバ釣りで一番欲しい要素が「落とし込み専用のベイトロッド」であること。落とし込み専用とは、穂先のガイド数を増やして、キャスト性能を0にする代わりに感度を向上させたものです。この条件を満たしたベイトロッドを持っていればいいですが、多分持っていないと思います。

Q.鯛ラバロッドの人気メーカーとそのブランドを教えてください。

A.「ダイワ(メーカー):紅牙(機種)」「シマノ(メーカー):炎月(機種)」この二つです。

Q.安物のロッドではダメですか?

A.タイラバは10キロ越えの大ダイも掛かる釣りなので、最低でも1万前後のシマノやダイワといったメーカー物のロッド選びを心掛けたいです。

関連記事

【予算2万円】おすすめ鯛ラバリール選び!この記事ですべて解決。

この記事で全て解決。おすすめ鯛ラバ用PEラインの選び方。

【決定版】おすすめ鯛ラバ用リーダー選び。この記事で全て解決。