ベイトフィネスってどういう意味ですか?




アイキャッチ画像出典:Instagram

「ベイトフィネスってどういう意味ですか?調べてもよくわかりません。気になるー。」

という方へ向けた記事です。

ベイトフィネスってどういう意味ですか?

ベイトフィネスとは、

「ベイトタックルで 軽い仕掛けを キャストできるように と生まれた釣法」です。

「意味」というよりは「釣り方」のことですね。

「ベイトタックルで軽いルアーを投げたい」という人がいたために、ベイトフィネスは生まれました。

バス釣りでの話しですか?

海もです。

普通のベイトタックルだと軽いルアーは投げられないの?

投げれません。

昔はベイトフィネスはなかったの?

ありませんでした。

以前は、どうやって軽いルアーをキャストしていたの?

ベイトフィネスが誕生するまでは、

「軽い仕掛けはスピニングタックル」「重い仕掛けはベイトタックル」

と使い分けられていました。

「重たい仕掛け=ベイトタックル」ならショアジギングや投げ釣りなどでスピニングタックルを使うのはなぜですか?

ショアジギングはベイトタックルだと疲れるからです。

投げ釣りは、純粋に海=スピニングというイメージから…だと思います。

飛距離は関係ないんですか?

全く関係ないです。重たい仕掛けだとむしろベイトタックルの方が飛びます。

疲れる理由

ハンドルが短いためです。なので飛距離が出て、且つ何度もキャストを繰り返すショアジギングはベイトタックルだとすごく疲れるんです。投げ釣りも飛距離はでますが、何度もキャストするわけではないのでベイトタックルでも問題ありません。

ベイトフィネスのメリット

「ベイトフィネス=軽い仕掛けのキャストに向いたベイトリール」なのでベイトリールのメリットを知ればそれがそのままベイトフィネスのメリットになります。

というわけで、ベイトフィネスのメリットを知りたい方はベイトリールのメリット・デメリットを教えてください。を参考にしてみてください。

一応、結論だけ書いておきます。

スピニングよりも「キャスト精度が高い」「太いラインを巻ける」「パワーがある」「操作ミスをしない限りライントラブルが起きない」です。

バス釣りにおいてはスピニングの上位互換です。

ベイトフィネスが生まれた今、ベイトタックルはスピニングタックルの完全上位互換じゃないですか?

軽いルアーが投げられるようになって、ライントラブルもスピニングより起きにくい。それでいて飛距離も出る。

それでもスピニングが優れている点もあります。

  1. 種類が豊富。
    ⇒スピニングの方が圧倒的に種類が豊富です。
  2. 疲れない。
    ⇒ベイトはハンドルが短いので疲れます。ショアジギングなどの飛距離を出すルアー釣りはスピニングが楽です。
  3. 初心者でも気楽に扱える。

ベイトフィネスは必要か?

プロ並になると必要ないみたいです。

まぁ好きな型を使うのがいいですね。